"スモールユートピア" は猫たちが寝ている間に生きている

彼らのもう一つの世界です。

そこでは、ねこは人間のように歩き、衣を纏い

お茶を飲んではおしゃべりをし

さまざまな仕事をこなしながら、楽しく暮らしています。

 

「The Small Utopia & The Cats」(スモールユートピア&ザキャッツ)は

このスモールユートピアで暮らす様々なねこたちのクロニクルです。

物語に沿って、様々なねこたちや彼らの暮らしぶりを紹介していきます。

スモールユートピアは、大きな渦巻き雲とその下にさらに渦巻き状に連なる島々、そしてそれを囲うひとつの円い海で出来ています。

 

何もかもが美しく穏やかで、沢山の草花やさまざまな生き物たちが暮らす、永遠の小さなユートピア。

それは「一瞬」が引き伸ばされたミクロの世界の「永遠」。針の先より小さく。宇宙の果てより果てしない世界。

ねこたちは眠ることで、彼らの世界と​人間世界とを行き来します。なぜそのようなことができるのか、そして何のためにこちらの世界を訪れているのか、まだ謎に包まれています。

​STORY

第一話

迷える庭師と出口のない迷路

STORY of  "Aria"

さてクロニクルの一つ目のお話は宮殿の執務室のひとつ、「庭師の部屋」で見習いをしているアリアの物語。アリアはまだ人間世界の存在を知りません。

アリアは庭にある不思議な形の庭園迷路を日々整えるのが仕事です。「出口のない迷路」と呼ばれているこの迷路の中心部には神聖な閉ざされた空間があり、そこに何か大きな秘密が隠されていることに気づきます。やがてアリアは強い好奇心に抗えず、迷路の中心に隠された「本当の出口」に辿り着くこととなります。ところがその出口の先に待っていたものとは…?

 

迷える庭師の好奇心の旅を描いた物語。

受注販売について
アリアについて
ドールハウスについて